フィルモアレコード
神奈川県公安委員会
第 452640001891 号

(旧下北沢) 鎌倉 フィルモアレコード



中古レコードLP CD高価買取買取ご希望の方はこちらをクリック!

最新入荷盤は画面を下に↓スクロールしてご覧ください。



*ご注文、ご質問等いただいたメールには即日もしくは休業日を挟んだ場合でも3日以内に必ず返信いたします。もし、メールをしたのに返信が無い場合は、メールが届いていないか、こちらからの返信のメールが届いてないかどちらかになりますので、電話等でご確認ください。(もしくはご面倒ですが、再度お店の新しい上記gmailのアドレスに再度ご連絡ください。)ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします。ここ数日の間にメールが届かない、もしくは返信のメールがお客様に届いていない事例が数件発生しています。是非ご確認ください。




本日のNew Arrival 10/14更新!!
一週間に一回程度で新入荷中古LPを紹介していく予定です。

本日はプログレ系の中古LP新入荷特集Part 4です。(その他の最新情報はページ左側のblog, twitter, newsをクリックしてどうぞ!)

GRADINGについて (中古盤はご購入の前に必ずGradingについて、とOrder方法をお読みください。)
(グレーディングはジャケ/盤の順です。)cover/disc


EURO & UK PROGRESSIVE /JAZZ ROCK 中古盤LP新入荷 Part 4

Steve Tibbetts / YR (US Frammis ‘80)
EX-/EX \ SOLD
1st同様自主リリースされた彼の2nd。アコースティックのしなやかで力強く美しい響きとエキゾティックなパーカッションを活かした幻想的な作風は全く変わらず、よりプライベートだった前作に比べ、バンドメンバーを加えることで作風はよりダイナミックで音楽的完成度を増しています。ジャケットのシュールでスペイシーなデザイン同様、夜の幻想の空宙の様にミステリアスでイマジネイティヴな作品。一種のオーガニックなスペースミュージックともJazzy Progとも、New Age Jazzの前駆とも、いずれのファンにもアピールする作品。メロトロン好きのProgファンにとっても随所で幽玄なメロトロンが溢れ出す魅惑の一枚。尚、本作は後にジャケットを変えてECMより再発されましたが、ジャケット、音の質感ともにやはりオリジナル盤で持っていたい一枚。 US自主プレスRare Original. ちなみに本作は微妙にジャケットデザインの異なる2種類の初期オリジナル盤が存在しますが、ここに有るのは表ジャケットに文字が入って無く宇宙部分が黒い”No Name Cover”の方のヴァージョンです。彼自身のサイトでは、このジャケットが"Original Cover"として掲載されていますが、海外のデータベースサイトではこのジャケットは2ndプレスと記されています。
Styff Nack / Sundial (GE Private '78)
EX-/EX- \ SOLD
いかにもドイツものの自主らしいベースメントなMelodic Prog Rockを軸に、ムーグ、ストリングスシンセ、エレピ、その他シンフォニックなキーボードアンサンブルとプログレッシヴな展開を加味し、一見淡々としているかのような中に様々な要素を詰め込み次々変化を見せる、いかにもクラウト系ならではのマニアックな情趣に満ちたプログレ自主盤。例えばErlkonigとJaneをミックスしてよりシンフォなアレンジで割ったようなサウンドとでも言いましょうか。コーティングカバーRare Original.
Tasavallan Presidentti / Lambert Land (SW Sonet ’72)
VG++/VG+ \ 3.500
フィンランドプログレのトップグループによる3rd. フルート、ワイルドなエレキ、サックス、オルガン、Vo、リズムセクションをフィーチュアし、複雑な構成と熱気に満ちたサウンドでキラーなJazzy Art Progを繰り広げる大充実の一枚。Textured GF Cover当時のスェーデン盤。(因みに本作はヘルシンキとストックホルム両方で録音され、フィンランド現地盤はLoveレーベルよりリリース。) ジャケは背に軽い変色と若干のスレ。背の上部に一部目立たないヒビ。下辺中央7cmヌケ。ジャケはそれ以外は問題無いしっかりした状態です。カンパニースリーブも下辺中央にヌケ有。盤はA-1終わり~A-2にかけて薄いスパイダー状のスレ。曲間と、A-2が非常に静かなためバックグラウンドの若干のチリつき。B面はB-1終わり~B-2, B-2終わり~B-3にかけてそれぞれA面と同様のスパイダー状のスレ。B-1終わりフェイドアウト部分と曲間で軽いチリつき程度で、プレイはさして問題ありません。それ以外は全体的に若干の表面のスレが目立つ程度の状態。プレイは前述の部分を除き概ね良好です。
Terje Rypdal / WheneverI Seem To Be Far Away (GE ECM ’74)
EX-/EX \ 4.500
ソロ4作目。彼のソロの諸作の中でもプログレッシヴ志向の強い一枚。A面はメロトロンをフィーチュアしたダイナミックなJazzy Progを繰り広げます。ジャケットのような北欧の澄んだ大気の中で、ここぞと妖しくも幽玄に溢れ広がるメロトロンストリングス、初期マシーンをも思わせるブリブリのファズベース、エレピ、嵐の気配を含むリズムセクション、Rypdalならではの衝動的な熱気を孕んだキラーファズが一体化し、ロングトラックで渦を巻く様なトップレベルのJazzy Prog/Jazz Rockを繰り広げます。B面は更に17分以上に亘る意欲的で壮大なシンフォニー...! コーティングカバー初回グリーンラベルRare Original. ラベルはLCマーク無しで、Made In W.Germany表記の初回ラベルです。ジャケは全体の軽いスレ程度。盤は見た目綺麗なEX。プレイは静かな部分で経年の目に見えない埃によると思われる軽いチリつき。
Tetelestai (US Private ’84)
EX-/EX \ SOLD
Progファンに知られる同名の作品は少なくとも3種存在しますが、その内十字架とメンバーのジャケのLPと葡萄のイラストのジャケの2枚のLPが同じグループなので、それらとは無関係の、彼ら唯一の自主盤LP。シンセ、エレキ&アコギ、リズムセクション、Voをフィーチュアし、静と動、リズムチェンジ、曲想の変化を対比させたロングトラック中心のプログレを聴かせます。随所に微かにジェネシスっぽい(?)シアトリカルなムードを感じさせながら、その幻想性と叙情はヨーロッパのシンフォとは異なる大陸的なムードで、アレンジされた味わいあるサウンドを通して聴かせてくれる佳品。Rare Original. W)Insert.
Third Eye (GE Ring ’76)
EX-/EX- \12.800
アープシンセ、エレピ、レイヤードされたストリングスシンセ、コンガ、リズムセクション、そしてここぞと溢れるメロトロンストリングスとメロトロンフルートをフィーチュアし、流れるようにスムーズな肌触りが心地よいメロウなJazzy Progから、透明な叙情溢れるメロトロンシンフォまで魅惑のサウンドを繰り広げる彼らの1st。ドイツローカルプレスRare Original. ジャケは上辺中央のヌケを接着剤で補修。それ以外は問題ない状態です。
Torsten Hartmann / Those Days (GE Aarton ’80)
EX-/EX- \ 5.800
メランコリックなメロディ、穏やかなVo、それを引き立てるピアノ、チェロ、泣きのギター、リズムセクション、溢れ出すメロトロン、フルート、それらが一体化して美しく完成されたドイツの叙情派メロディアスプログレ作品。ドイツの自主盤ながら、歌詞は英語で70年代初中期のUK物を思わせる気品に満ちます。ここぞと溢れるメロトロンも聴きもの。ドイツ自主プレスRare Original. W)Insert.
Tranquility / Silver (UK Epic ’72)
EX-/EX \ 3.500
メロディアスな楽曲とハーモニーワークを中心に、ハモンド、エレキ等をフィーチュアし、全編に亘って高水準のメインストリームなMelodic Prog Rockを繰り広げる彼らの2nd。Rare Original. マトもA1, B1の初回です。ジャケは裏面右上に斜めシワ1本。
Vytas Brenner / Ofrenda (4th) (VEN Discomoda ’78)
G/VG+(+) \ SOLD
スタジオ盤としては4作目。A-2、B-1、2は前作を引き継ぐ豊かでスペイシーなJazzy Progを聴かせ、それ以外のナンバーは同様にシンセやピアノ等キーボード群を存分にフィーチュアしながら、より以降の作風に近い叙情的なシンフォサウンドを聴かせてくれます。初回Orange Label Rare Original. ジャケは右半分がウオーターダメージ。目立ったジャケのイタミは無いですが、その部分全体に若干ジャケのふやけが有ります。盤はB-1終わり~B-2始まりに薄い小さなマーク。その部分2回チリつくだけです。それ以外は表面のみのスレが若干目立つ程度で、当時の南米盤としては上々の状態。プレイは主に経年の埃によると思われるバックグラウンドのチリつき。B-1冒頭のイントロ部分で数回のみ原因不明の軽い周期ノイズあります。何れも南米原盤としては致し方ない許容範囲の限度内です。傾聴を乱すものではありません。
Vytas Brenner / Estoy Como Quiero (VEN Discomoda ’82)
VG++/EX- \ SOLD
ライブ作とデュオ作を除いては5作目。シンフォニックなキーボードを駆使し、ロングトラック中心に、メロディアスなヴォーカルパートと彼ならではのジャジーでシンフォなインストパートとのバランスの取れた内容で通して聴かせる円熟期の代表作。初回Orange Label Rare Original. ジャケは左上にやや大きめですが極薄いステッカーの糊跡。薄いものでジャケットの見た目を乱すものではありません。下辺中央2cmヌケ、下辺開口部より5.5cmヌケ。それ以外は下辺の若干のスレと全体の軽いスレ程度。当時の南米盤としては比較的良好なしっかりした状態。ジャケ裏にショップスタンプ。盤は表面の軽微なスレのみで、当時の南米盤としては見た目非常に綺麗な状態。プレイは経年の目に見えない埃か元々のプレスによる静かな部分の軽微なチリつき。

Euro Progressive Rock / Jazz Rockの新入荷以外の中古LPの在庫についてはこちらをご覧ください。
UK Rock, Folk, Prog Jazzの新入荷以外の中古LPの在庫についてはこちらをご覧ください。


EURO & UK PROGRESSIVE /JAZZ ROCK 中古盤LP新入荷 Part 3

Pancake / No Illusions (GE Blubber Lips ’79)
EX-/EX \ 4.500
3rd。今回は紅1点の女性Voを中心に、うねるシンセ、ストリングスシンセ、ハモンド、エレキ、エレピ、リズムセクションをフィーチュアし、ロングトラック中心に、バランスの取れた重量感溢れるバンドアンサンブルで、様々な情景変化に満ちたダイナミックなシンフォを繰り広げます。この?なジャケからは想像もつかない70s正統派スタイルのシンフォ古典! ダイナミックなシンフォのA-2 "Fire And Rain Song", 9分に及ぶ組曲形式の本格派シンフォA-3"Dream Delta Land"。更にB面ではより叙情性を強め、9分近くに及ぶ本作のハイライトにしてファンタジックなシンフォワールド"Autumn Leaves"、リリカルなメロディアスシンフォ"No Touch Of Illusions"、コーラスメロトロンと泣きのギターをフィーチュアした"I Try"と、聴かせてくれます。状態良好Rare Original.
Perigeo / Abbiamo Tutti Un Blues Da Piangere (IT RCA ’73)
EX-/VG++ \ 5.800
2nd. エレキ&アコギ、サックス、エレピ、ピアノ、ヴォーカル、パーカッション、リズムセクションをフィーチュアしたイタリアJazzy Prog/Jazz Rockの古典。クールなジャズロックを主軸にしつつ、その中にスピリチュアルでフリーフローなパート、熱気に満ちたワイルドなエレキやサックスのプレイ、フリーな実験色といった様々な要素をブレンドさせ、この時期ならではの魅力溢れるサウンドに完成された一枚。コーティングGF Cover Rare Original. 盤はA-3辺りに細く薄いスリキズ有りますがプレイは問題ありません。それ以外は全体に紙の内袋によるペーパーマーク程度。
Pholhas / Forever (BR RCA ’74)
VG+/EX \ 5.800
彼らの2nd。本格的なプログレッシヴロックサウンドで満を持した4作目が有名な彼らですが、実はそれぞれのアルバムが魅力的な作風を持ちます。本作のA面では優雅なストリングス、ピアノ、オルガン、美しいコーラスと甘いメロディーをふんだんにフィーチュアしてイタリアのラブロック系にWe All Together辺りのムードを少しミックスしたようなドラマティックな叙情メロディアスプログレを聴かせます。一方B面はより意欲的な後の彼らの原点となるアートプログレスタイルが中心で、寧ろこのB面こそ本作のハイライトかもしれません。B-1、5ではザクザクしたギターとハモンド、リズムチェンジ等取り入れた目の覚めるような本格派オルガンハードプログレ、そしてA面のムードを残しながらもよりWe All Together辺りに通じるようなメロディアスチューンB-2,3,4, ゆったりとレイヤードされた鄙びたハモンドとコーラスによる幻想的なオルガンプログレB-6...。通して優れた内容で聴かせる一枚。70年代初期の南米ならではの甘くくすんだ豊かなアナログ感も本作の魅力を一層惹き立てます。コーティングカバーRare Original. W)Insert. ジャケは全体の若干のスレとエッジの小シワ。右上ネームの書き込みの微かな消し跡、開口部中央辺りに目立たない小さなキレ。当時の南米盤のジャケとしては特に目立った問題のない充分合格点と言える状態。 盤は南米盤としてはこれ以上綺麗な状態に出会えない良好な状態です。
Photis Ionatos / Chante Kavafis Elytis Ritsos (BEL MD ’79)
EX-/EX- \ 8.800
ミステリアスな線画のイラストのダブルジャケットに包まれた、ベルギーのみでリリースされたギリシャの作品。 彼のジプシーかトルバドールのように哀感に満ちたエモーショナルなVoにシンセ、メロトロン、ヴァイオリン、チェロ、フルート、アコギ等のまろやかなアンサンブルが緩やかに豊かに包み込む叙情派フォーキー歌物プログレッシヴ作品。4001 Bookにも掲載されていた一枚。コーティングGF Cover Rare Original.
Profan / Pro Patria (HUN Hungaropop ’87) 
VG+/EX- \ 1.600
Barbaroの前身グループ。歌ベースのプログレにエスニックな民族色と若干レコメン系に通じるような屈折したアヴァンロック色やミニマリズムをブレンドした、エスノフュージョンアヴァンプログレとでも言うべき風変わりなハンガリーのミクスチュアプログレ。常に彼らのユニークなサウンドを模索し続けますが、中でもA-1, B-6は秀逸なトラック!Rare Original. ジャケは上辺中央にパッと見目立たない小さなハガレ。それ以外は軽いスレ程度。
Robert Connolly / Plateau (CA Tube ‘78)
VG++/EX \ 4.000
ハモンド、メロトロン、煌びやかなムーグ、エレキ&アコギ、男女Voを配したカナディアンシンフォのヴィンテージアイテム。全編優れますが、特に14分以上に渡るシンフォ大曲B-1"Journey"はCanadian Symphoを代表する渾身の名ナンバーで聴き逃せません。カナダ自主プレスRare Original.w)Booklet. ジャケは上下に微かなRW。右上角スレ&シワ。各角の軽いスレ。
--------------------------------------------------------------------------------------
Robert Connolly / Plateau (CA Tube ‘78)
VG+(+)/EX- \ 2.800
もう一枚のオリジナル盤。ブックレット無しにつきサービス特価! ジャケは上下の軽いRW, 下辺の少しのスレ。
Sahara / For All Clowns (GE Ariola ’75)
EX-/EX- \ 4.500
2nd. 前作に比べ若干メロディアスさを強めながらも、相変わらずの実力のアンサンブルで高水準のシンフォを繰り広げます。特に11分近くに及ぶタイトルトラックと、13分余に亘る複雑な構成で、コーラスメロトロンも存分にフィーチュアした”The Mountain King”は本作のハイライト。Rare Original. ジャケは左上目立たない小さなDH.
SFF / Symphonic Pictures (GE Brain ’76)
EX-/EX \ SOLD
1st。ムーグ、ピアノ、ストリングスシンセ、メロトロン等のキーボード群を中心に、豊かで厚み溢れるアンサンブルの本格派シンフォを圧倒的に繰り広げる問答無用のヴィンテージマスターピース!コーティングカバー初回Green Label Rare Original. ジャケは全体のコーティングの軽いスレ。エッジの小シワ。盤は見た目綺麗なEX。プレイは経年の目に見えない埃によると思われる静かな部分の軽微なチリつき。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
SFF / Symphonic Pictures (GE Brain ’76)
VG/VG++ \ 1.600
こちらは1年後のOrange Label 2ndプレス。ジャケットは右上の小さなプライスステッカーハガレの部分を約2.7 x1.8cmサイズ黒のマジックで塗りつぶしているのが目立ちます。それ以外は全体の若干のスレと辺部に沿った小シワ、角の軽いスレで、若干ユーズド目程度の状態。盤はやや表面の細かいスレが多い程度。音に出るようなキズは有りません。プレイは静かな部分での軽いチリつき程度。
SFF / Sunburst (GE Brain '77)
VG+/VG+ \ 2.300
前作の延長上に有りながらよりジャジーにテクニカルに、そしてイマジネイティブでフローティングな側面も覗かせる2作目。相変わらずメロトロンはここぞと溢れ出します。初回Orange Label Rare Original. ジャケは各辺のやや目立つスレと色補正、エッジの小シワ。上辺中央4.5cmヌケ。裏面開口部中央小さなキレ。裏面ネームステッカー貼。下辺中央小ヒビ。盤は全体が表面の細かいスレに覆われていますが、直接傾聴を乱すような所謂キズは有りません。プレイは静か目の部分で若干のバックグラウンドのチリつき。

Euro Progressive Rock / Jazz Rockの新入荷以外の中古LPの在庫についてはこちらをご覧ください。
UK Rock, Folk, Prog Jazzの新入荷以外の中古LPの在庫についてはこちらをご覧ください。


EURO & UK PROGRESSIVE /JAZZ ROCK 中古盤LP新入荷 Part 2

Clear Light Symphony (UK Virgin ’75)
EX/EX- \ SOLD
彼らの1st。 Cyrille Verdeauxを中心に、Tim Blake, Steve Hillage, DidierMalherbe等Gong勢とChiristian Boule, Lard FreeのGilbert Artman等豪華メンバーに支えられた作品。 メロトロンやスペイシーなエフェクトを存分にフィーチュアしながら、端正なシンフォとコズミック、前衛が混沌と融合したシュールで独創的な世界を大曲で繰り広げる一枚。 コーティングカバーカラーリザード初回ラベルUK盤状態良好RareOriginal. W)Made In Great Britain Sleeve & ジャケ左上にClear Light Symphonyステッカー貼。ジャケはコーティングが美しい光沢を保った美品に近い綺麗な状態。盤面軽微なスレのみで綺麗で良好です。プレイは経年の目に見えない埃によると思われる静か目の部分の軽微なチリつき。
Hansson & Karlsson / Gold (SW Karussell '71)
VG+/EX- \ 2.800
彼らが60年代にリリースした3枚のLPからのベスト盤。全編分厚いハモンドが炸裂するスェーデンオルガンプログレ大古典!コーティングカバーRare Original. ジャケは全体のコーティングの若干のスレと、右上角に小さなプライスステッカーダメージによるキズ。各角のスレ。
Message / From Book And Dreams (Ge Bellaphon ’73)
VG++/EX- \ SOLD
雷鳴の轟く様な重量級ブルージーへヴィーサイケを主軸に、サックス、ロングトラックでアートプログレ色を加味したジャーマンへヴィーサイケプログレモンスター!その不気味なドクロジャケと共に彼らぶっちぎりの内容を誇るジャーマンハードのマスターピース! B面後半では幽玄なメロトロンもフィーチュアされています。今回のものは8桁レコ番のシングルジャケQUAD仕様、ラベルもオリジナルとほぼ同一ながら、Boxed LogoでLCの入った3rdプレス。ジャケは左上とその裏にシワ1本。裏面右側に若干のシワ。背中央の軽いヒビ、エッジの軽いスレと小シワ。盤はB-1に表面のみの極薄いマーク有りますが、プレイは全く問題ありません。それを除いては美盤。
Nebulosa (SW Park Studio RE 再発)
EX-/EX \ 4.800
ストリングスシンセ、クラヴィネット、ピアノ、エレピ、メロトロン、エレキ、Voをフィーチュアし、ロングトラック中心にクラシカルでシンフォなパートと、ワイルドなエレキ、ブルージーなVoをフィーチュアしたハードなエッジのへヴィープログレ色をブレンドしたスェーデンのプログレ自主盤。オリジナルは1977年リリース。ここにあるのはかつてはオリジナル盤と区別がつかなくて昔は$200以上の高値で取引されてきたそっくりのレアな再発盤。(近年になってマトリクス部分の違いによりようやくオリジナルとこの昔の再発との区別がつくようになってきました。ちなみに本作の本当のオリジナルは現地でも見ることのままならない幻のレアアイテム。) 尚、本作の再発盤は他にも一枚づつ色違いでハンドスプレーされたナンバー入のジャケット仕様のものも存在し、いずれの再発共にレアです。
Nektar / A Tab In The Ocean (GE Bellaphon '72)
EX-/EX \ 2.500
イギリス人を中心に英独混合でドイツで活動した彼らの2作目。ハモンド、ギター、ヴォーカル、コーラス、リズムセクションをフィーチュアし、この時代ならではのムードに満ちたコンセプチュアルなアートプログレをロングトラックで繰り広げます。コーティングGF Cover 初回5ケタ番号現地初期プレス。レコ番は5桁ですが、ラベルのロゴはBoxedの厳密には2ndプレス。オリジナルのすぐ後の70年代初期プレスと思われます。ジャケは左上と内ジャケ上部、裏の右側に軽いカビ。
Noel Soto / Alpha Omega (SP Polydor ’75)
EX-/VG++ \ 6.800
シンセ、ピアノ、メロトロン、エレキ、ハモンド、Vo、女性コーラス、チャイム、リズムセクション等をフィーチュアし、華麗なアンサンブルとアレンジに支えられたゴージャスなシンフォプログレを繰り広げるスペインの作品。A-1の様なインストの本格シンフォナンバーから歌ベースのメロディアスシンフォまで聴かせます。コーティングGF Cover Rare Original. ジャケはコーティング全体の若干のスレ程度。盤は内袋による表面のみの細かいスレ程度。盤は全体が紙の内袋によると思われる表面のみの軽いペーパーマークスレ程度。プレイは静か目の部分のバックグラウンドの軽いチリつき。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Noel Soto / Alpha Omega (SP Polydor ’75)
VG(+)/VG- \ 2.500
もう一枚のコーティングGF Cover Rare Original. ジャケは背中央3.8cmイタミ。それ以外はコーティング全体の若干のスレ程度。盤はB-1に1本目立つヘアラインキズ。部分的に強めのチリパチあります。B-1,2辺りに細かいスパイダー状スリキズ。若干のバックグラウンドのチリつき。A-1中間と後半にそれぞれ薄い斜めスリキズ。中間の方はプレイは問題ありません。後半の方は軽いチリつき程度。それ以外は盤全体が表面スレに覆われている状態。プレイは静か目の部分で軽いバックグラウンドノイズ。総じて盤面ラフながらも傾聴を著しく乱す箇所は無く、随所に若干チリつき有ながらも充分に楽しめる状態だと思います。
La Nouvelle Frontiere / L’Hymne Aux Quenouilles (CA Gamma ’70)
VG++/EX- \ 7.500
Seguinの前身グループによる2作目。前作は時代的にサイケ色の濃いものでしたが、本作では、この時代ならではのアートなサイケ色を残しつつも、ハモンドを中心に、男女Vo、ピアノ、ギター、リズムセクション等をフィーチュアしたメロディアスなオルガンアートプログレを繰り広げます。鄙びたオルガンの響き、当時のゆったりしたムードと素朴さ、静かな祈り、空気感息づきに溢れた素敵な一枚。Great LP! Textured GF Cover Rare Original. W)Insert. ジャケは右下に目立たない小さなDH x2. 下辺中央目立たない9.5cmヌケ。下辺の若干のスレ。それ以外は良好なEXです。盤は見た目EX-。プレイは経年の埃によると思われる静かな部分の若干のチリつき。勿論傾聴を乱すものではありません。
O Terco / (Criaturas Da Noite) (BR Magazine ’75)
VG++/EX \ 2.800
タイトル無しでステージ写真ジャケの為、彼らのどのアルバムなのか一瞬迷いますが、実は彼らの3rdのジャケの異なる1982年頃のプレス。年代順に行くと恐らく3回目のプレス。(尚、更にややこしいことにこれと同じジャケでレーベルの異なる1991年の再発盤も存在します。念のため。) さて、内容の方ですが、A-1~3、5は前作がよりアートプログレに発展したようなハモンドとへヴィーなギターを中心にした70年代初中期スタイルのサウンド。 そして妖しくも美しい、シンフォ名チューンA-4。シンセストリングスにピアノ、ソフトなハーモニーの美しいサウンドから幽玄なメロトロンで一気に盛り上がります。そしてリリカルなピアノとハーモニーをストリングスが包み込むシルキーなバラードB-1。そしてB面の半分以上を占める大曲ラストナンバーB-3. この曲は叙情派シンフォサウンドにメロトロンが溢れ出す、彼らのシンフォ期の結晶とも言うべき渾身のナンバー。南米シンフォマスターピース! 彼らの空の高みに向かうような澄んだ抒情と飛翔はプログレファンの胸に刻まれることと思います。

Euro Progressive Rock / Jazz Rockの新入荷以外の中古LPの在庫についてはこちらをご覧ください。
UK Rock, Folk, Prog Jazzの新入荷以外の中古LPの在庫についてはこちらをご覧ください。


10/11

EURO & UK PROGRESSIVE /JAZZ ROCK 中古盤LP新入荷 Part 1

Ananga Ranga / Regresso As Origens (PORT Metro Som ’79)
VG++/EX- \ SOLD
ポルトガルのグループの1作目。ヴァイオリン、うねるシンセ、エレピ、エレキ、サックス、リズムセクションをフィーチュアし、テクニカルでありながら息の合ったプレイとアンサンブルで、全編に亘って心地よいJazzy Progを高水準に繰り広げます。コーティングカバーRare Original. ジャケは下辺中央に見た目目立たない11.5cmのヌケ。右上小さなプライスステッカー貼有。それ以外はコーティングが美しい光沢を保った良好な状態です。
Continuum / Autumn Grass (UK RCA ’71)
VG+/EX- \ 6.800
弦楽、アコギを中心にジャズっぽいリズムセクションを加えクラッシックとジャズの中間にあるようなアンサンブルを聴かせた前作は一種の実験的な軽音楽チームとの感がありましたが、一気にクラシカルなプログレッシヴロックに変化した2作目。深遠に響き渡るパイプオルガン、それに重なるようにしてキーボードワークを堪能させてくれるハモンド、サックス、リズムセクションのクラシカルオルガンプログレをロングトラックで聴かせてくれるA-1に始まり、ストリングスシンセ、ピアノとアコースティックギターの豊かなアンサンブルA-2, フルート、ピアノのリリカルなアンサンブルにジャジーなトーンを加え、後半ハモンドとエレキを加え盛り上がりを見せるロングトラックA-3, そしてB面全てを占めるタイトルトラックはクラシカルとジャジー、近代を融合し、組曲形式で彼らの実力を結集したナンバーで聴かせます。GF Cover Rare Original. マットタイプの黒を基調にしたジャケは本作に良く見られる全体の若干のスレ。上部両角軽いコーナーノック、上辺中央3.6cmのヒビと一部微かなヌケ。盤は見た目ほぼ美品と言っていい綺麗な状態。良く見るとB面中盤に極微のマーク、その部分数回チリつき程度。プレイは経年の目に見えない埃によるとも割れる静かな部分での軽微なチリつき。
Dionne Bregent / Deux (CA Capitol ’77)
VG++/EX \ 3.500
BregentのキーボーディストとVincent Dionneによるデュオ作品。実験的な前作と異なり、本作2ndでは煌びやかなムーグ、オルガン、メロトロンを始めとするキーボード群にリズムセクション、ティンパニー、パーカッションをフィーチュアしたシンフォを繰り広げます。攻撃的に複雑なリズムで畳み掛けるパートからムーグのソロ、溢れ出すメロトロンのパート、特にB面の息をもつかせぬ構成、変化自在の華麗なシンフォワールドは聴きものです。Rare Orignal. ジャケは右上極軽いリングウェア。右下Small DH.
Dionysos (Paul Andre) / Musique De Mes Amis Dionysos (CA Solo ’78)
VG+/EX- \ 3.000
4作目。アレンジャーにMichel Le Francoisを起用し、ストリングスシンセ、ピアノ、ムーグ、オルガン等シンフォニックなアレンジの歌中心のメロディアスプログレサウンドで聴かせます。B-3のバラードでは嬉しいダブルメロトロンストリングス、ラストB-4もメロトロンストリングスとコーラスメロトロン両方を使用したメロトロン洪水ナンバーで聴き逃せません!Rare Original. ジャケは左上にステッカーとテープ糊跡、Small CH. 左下角にTの小さな書き込み。ジャケ内側に数か所スタンプ。
England / Garden Shed (UK Arista ’77)
EX/M- \ 8.800
メロトロンもフィーチュアした言うまでもなくUKシンフォの大古典!コーティングカバー美品Rare Original. マトも4U, 4Uの初回です。
Gryphon / Treason (UK Harvest ’77)
EX-/EX \ SOLD
ラスト5作目。カラフルなシンセ、ピアノ、メロトロン等のキーボードワーク、エレキ&アコギ、Voとハーモニー、リズムセクション等をフィーチュアし、繊細に行き届いたアレンジとアンサンブルからテクニカルで複雑な展開部、ダイナミックに高揚するパートに至るまで、圧倒的演奏力の完成されたメロディアスシンフォを繰り広げます。そのアレンジ力はGentle Giantにも引けを取らない見事なものです。コーティングカバー状態良好Rare Original. W)内袋。(マトも2の初回です。)
Hansson & Karlsson / Man At The Moon (UK Polydor ’69)
VG++/VG++ \ 5.800
3rd。時にジャジー、時にクラシカルなハモンドワークを心ゆくまで堪能させてくれるオルガンプログレの大クラッシック。1stの頃はジャジーさが強すぎましたが、この3枚目ではどっぷりのプログレッシヴなハモンドワークで、分厚く深遠なサウンドにズブズブに浸れる一枚。この時代ならではのサイケデリックなムードを残した臨場感溢れる分厚いアナログ感も本作のムードを一層高めます。正にオルガンプログレの極めつけと言っていい一枚。これはスェーデン原盤ではなく、コーティングGF Cover当時のUK盤プレス。ジャケはコーティング全体のややスレ。若干のスレ程度。ラベルはボールペンで両面書き込み。盤は見た目表面の細かいスレに覆われた状態でVG+に近いですが、直接プレイに影響するような所謂キズは有りません。プレイは静か目の部分の軽微なチリつき程度。
Heads In The Sky (CA Illuminated '81) 
EX/EX- \ SOLD
シンセ、ハモンド、ピアノ、メロトロン等のシンフォなキーボード群、Vo, フルート、ギター、リズムセクションを配し、ロングトラック中心に中期Floydを思わせるゆったりとしたスペイシーなシンフォプログレを繰り広げる作品。なだらかで広大な幻想世界を夢見る美しく完成された一枚です。カナディアンプログレのヴィンテージアイテムを是非オリジナルの輝きでどうぞ! カナダ自主プレス状態良好Rare Original. 盤は内袋による軽微なスレのみで見た目良好です。プレイは静かな部分で経年の目に見えない埃によると思われる軽微なチリつき。
Ian Thomas / Delights (CA GRT '75)
EX-/EX- \ 2.000
メロトロンファンに有名なカナダよりの作品。A-1後半、B-3はメロトロンストリングス使用ナンバー。特にメロトロンをたっぷりと使用したB-3は聴きものです。丁寧にアレンジされたドラマティックなポップ調サウンドもプログレファンの好みにマッチしたものと言えそうです。Original. w)Insert.

Illusion (UK Island ’78)
EX/EX- \ 2.800
“Out Of The Mist”に次ぐ2作目。ジェーンレルフの美しいヴォーカルと男女ハーモニー、流れるようなピアノ、メロトロンをフィーチュアし、変わらぬドラマティックでメロディアスなプログレを繰り広げます。Blue Label初回プレスRare Original. マトも2Uの初回です。 W)Company Sleeve.
Jacques Tom Rivest (CA CBS ’79)
VG+/EX \ 2.800
ケベックトップシンフォグループPollenのリーダーによる1stソロ。 ムーグ、シンセ、随所に溢れ出すメロトロン、ハモンド、ピアノ等のキーボード群を中心にVo、アコギ、リズムセクションをフィーチュアし、全編甘美な叙情派プログレを繰り広げる一枚。シンフォマスターピース! Rare Original. 内袋付。ジャケは上部のスレと、周辺部の若干の細かいシワ。全治の軽いユーズド感程度。Small DH. 盤は見た目非常に綺麗です。プレイは経年の目に見えない埃によると思われる静かな部分の微かなチリつき。
Kingdom Come / Journey (UK Polydor ’73)
EX-/VG++ \ 4.000
3rd。随所に溢れ出す幽玄なメロトロンを始め、本作ではVictor Perainoがキーボードを担当。実験的でサイファイなスペースプログレを繰り広げる彼らの野心的問題作!コーティングカバーRare Original. ジャケは裏面左下に斜めシワ1本とエッジの小シワ。盤は見た目表面のスレのみのしっかりしたEx-。プレイは経年の埃によると思われるバックグラウンドの若干のチリつき。
Mahjun / 3rd (FR Saravah ’74)
VG++/VG++ \ 5.800
ブルージーへヴィーサイケとアヴァンギャルドが衝突した1st, 天衣無縫なチンドン屋サウンドを繰り広げた2ndと、奇想天外サウンドで聴く者を驚かして来た彼らの3rd。 2ndのヘンテコ軽瓢サウンドの続きかと思いきや、重いブルージーアートサイケ調で、えっ、そっちに戻る?とまたまた吃驚。豊かで重厚な手応えのサウンドにどっぷり浸らせてくれた後に、また変なおとぼけ歌物が始まって、最後はヤギの鳴きまねになるという…。A面後半はヴァイオリンをフィーチュアしたこれもガツッと手応えに満ちたエレクトリックジャムで、KominternやKebnekaiseの2nd辺りを思わせるキラートラック。途中に勿論お決まりのとぼけたユーモアでニヤニヤさせてくれます。B面もA面と変わらずグレートな内容。2ndの奇想天外さを随所に忍ばせながらも、全体を通じた濃厚で重厚な手応えで、また一味違うドスの効いた作品にグッと決めてくれるのが本作の魅力でしょう。どちらが好きか、それはそれぞれなので聴く方にお任せします。そして、いつも持ち前のこの愛すべきバカバカしさ、堪りません。スェーデンにはSamlaが、そして仏にはMahjunが..。人を食ってて冗談なのか大道芸なのかわからないこの楽しみ。コーティングカバーRare Original. ジャケは全体のコーティングの軽いスレ。エッジの小シワ、角とエッジの軽いスレ。盤は表面の若干のスレ程度。プレイは経年の目に見えない埃によると思われる静か目の部分の微かなチリつき。
Mahjun / Happy French Band (FR Gratte Ciel ’77)
VG++/EX \ 2.500
4作目にしてグループとしてはラスト作。ヴァイオリン、サックス、エレキをフィーチュアし、ザッパやエトロンフーに通じるムードと彼ららしいノスタルジックなユーモアを交えたシニカルなProg Jazz Rockで聴かせてくれる、依然として水準を保った一枚。特に8分45秒に及ぶロングトラックラストB-3は、とりわけ前半部分でKominternさえ思わせる演奏を聴かせる、彼ら最後の渾身のトラックで、聴き逃せません。コーティングカバーRare Original. ジャケは各角とエッジの軽いスレ程度。裏ジャケのエッジに軽いコーティングの剥がれ有。
Media / Realite (FR FLVM ’80)
EX-/VG \ 3.500
Flamen Dialis, Kha-Ym, Jox, X-Tet, Vortex等、個性派フレンチプログレ勢が並ぶFLVMよりの一枚。女性Voを中心に、ピアノ、サックス、ギター、シンセ、リズムセクションをフィーチュアし、ガチャガチャ取り散らかったDIYな展開をする屈折ロックプログレ。コーティングカバーRare Original. 盤は両面共にエッジ部分の細かいスレが目立ち、両面冒頭でチリつきが若干強めに出ますが、その後気にならなくなります。

Euro Progressive Rock / Jazz Rockの新入荷以外の中古LPの在庫についてはこちらをご覧ください。
UK Rock, Folk, Prog Jazzの新入荷以外の中古LPの在庫についてはこちらをご覧ください。


10/9

POST PUNK /NEW WAVE / NO WAVE / NDW
EXPERIMENTAL DIY / SYNTH POP 中古盤LP&EP新入荷

Bruce Licher / The Soundtrack Recordings Of “Bridge” And Copyright 1980 7EP(US IP ’83) 7EP
VG++/VG++ \ 5.800
33回転7EP。Happy SquidやLAFMSも含め、当時の西海岸アンダーグラウンドシーンを代表する象徴的な一枚。Brent Wilcox等との伝説のグループ”Neef (23)”を始め、彼自身が立ち上げた自主レーベルとして名高いIP(Independent Project)レーベルよりのProject 197, Bridge, Them Rhythm Antsのレーベル1~3番初期3枚のEP、その全てが彼がメンバーだったグループと聞けば、本作がいかに重要な作品か分かることと思います。本作はリリースこそ1983年ですが、録音はBridge, Project 197と同時期。両面共にコラージュともラジオノイズともつかない混沌とした得体のしれない音塊が犇くExperimentalは、正に当時の西海岸Undergroundシーンの熱気を伝えるもの。 ジャケットは28 x 18.5の特殊サイズのフォルダー式厚紙にシルクスクリーンによるハンドメイド印刷ジャケット。レコードのラベル部分も両面シルクスクリーン印刷で、内袋の一部と印刷が一体化しています。その中にシングルが収められた仕様。500枚限定ナンバー入US自主プレスRare Original. W) 3 Inserts. ジャケは下部に1本シワ。盤は主に元々のプレスか経年の埃によると思われるバックグラウンドの軽いチリつき。
Carlos Peron / Impersonator (GE Konkurrenz ’81)
VG++/EX- \ 3.800
ソロ1作目。エレクトロニクス、エフェクト、リズムボックス、ヴォイス、コラージュ等を駆使し、アイデア溢れる密林のような実験DIY Electro Experimentalを次々と繰り広げます。この時期ならではのホームメイドなExperimental Electro Waveの情趣に満ちた、当時の実験WaveやNDW系等好きは勿論聴くべきマスターピース! さすがあのYelloの初期傑作2枚を支えただけのことは有ります。Rare Original. ジャケはエッジの若干のスレと小シワ。
Joy Division / Unknown Pleasures (UK Factory ’79)
EX-/EX- \23.800
1st。当時のイギリスのNew Waveシーンにおける最も決定的な一枚と言えば、どれだけの人がこの一枚を挙げることでしょう。当時間違ってこっちがA-1と思い初めて針を下ろした“She’s Lost Control”の衝撃、ダークに屈折した一種のサイケデリックロックとも言うべき味わいと空気感、黒い森の嵐のように轟く”Shadowplay”, 燻したロックなギターと疾走するサウンド”Interzone”、押し込めたサウンドの中に凄みさえ感じる”I Remember Nothing”…。 当時のマンチェスターのモノクロームの退廃に満ちた時代の空気感の中に、圧倒的なオーラと風格を漂わせながら、一曲一曲が今尚鈍い銀色の輝きを放ち続けます。ニューウェーヴやPost Punkというジャンルを超えこの時代に刻まれたヴィンテージマスターピース!盤はパッと見普通の黒盤と変わらなく見えますが、盤の下からライトを当てて上から見るとワイン色にうっすら透ける赤透過盤。この赤透過仕様は通常黒盤仕様のオリジナルより言うまでもなく数倍レア!初回Textured Cover Translucent RED Wax(赤透過盤) Rare Original. W)Innersleeve. ジャケは光沢のあるTextured仕様で、スレの少ない光沢を保ったビシッとした良好な状態。内袋はこの初期赤透過盤時代に2種のヴァリエーションが有りますが、此処に有るのは角の四角いタイプ。(丸タイプにこだわる方はご遠慮ください。) 内袋は下とサイドに部分的なヌケ。盤はInside-2に表面の薄いマーク。プレイは全く問題ありません。それ以外も内袋による軽微なペーパーマーク程度でしっかりした良好な状態です。尚、写真では上手く写らなくて盤は紫に見えますが、実際は強い光を当てるとワインレッド色です。
Marquis De Sade / Dantzig Twist (FR Pathe ’79)
VG++/EX- \ 2.800
1st. French Post Punk古典。本作は後にレコ番の異なるリプレス盤も存在しますがこれは初回プレスRare Original. W)Insert. ジャケは上辺中央2.5cmヒビ。ヌケはありません。それ以外は全体の軽いスレ程度。
Marquis De Sade / Rue De Siam (FR Pathe ’81)
EX-/EX- \ 1.800
2nd. French Post Punk古典。本作も後にレコ番の異なるリプレス盤も存在しますがこれは初回プレスRare Original. W)内袋。盤は紙の内袋による軽いペーパーマーク程度。
Prophets / Around The World With (UK Hypothetical '82)
VG++/EX- \ 3.800
イギリス人、フランス人の2人による実験ダウナーエレポップDIYユニットによる唯一のアルバム。奇妙な味わいが絶妙な浮遊アヴァンエレポップチューン"Person To Person"、Suicide級に尖ったSickなシンセコア"Fast Food", 屈折催眠ダウナーエレポップ"The Fisherman's Friend", へなへなしたアンドロイドのようなVoのエレポップ"White Zone"、シュールな軟体ミニマリズム"Wallenberg"、スリーピーなミニマルシンセ"Back To The Burner'と、全体に亘って沈思と朦朧、緩やかな味わいに貫かれた、この手を代表する聴かれるべき一枚。これだけのセンスの作品、その正体はフランスのZED (Bernard Szjaner)と、元Bachdenkelのメンバーの二人によるユニット。流石パッと出のグループではありません。尚、本作は後に大手Epicからリプレスされていますが、これは自主の初回プレスRare Original. 近年再発もされていますが、オリジナルがこのプライスで聴けるのだから、絶対にオリジナルの音質で聴くべきでしょう。推薦盤!ジャケは全体の軽いスレとエッジの小シワ、右下シワ。軽いユーズド感程度。
Ragnarok / 3 Signs (SW Silence ’83)
EX-/EX- \ 2.500
作風を当時の時代に合ったNew Waveテイストへとシフトしたスェーデンのグループの4th。リメインライト期のTalking Headsを少し思わせるようなミニマリスティックなスパイスをまぶした不思議な味のある屈折ミニマルアヴァンロックを聴かせる意欲的でユニークな一枚。面白い作品です。Rare Original. ジャケは左上に小さなプライスステッカー。

Surplus Stock / Holland In Not 3/4 (GE Outatune ’80)
EX-/VG++ \ 5.800
ドイツのAvant Electro Wave DIY/NDWグループのデビューLP。 絶妙なエレクトロニクスとダウナーな屈折具合がシュールな空間の隙間になって、ジャーマンニューウェーヴ(NDW)らしいいかれたホームメイド変態アヴァン情趣も勿論持ちつつ、それもシュールなフワフワ具合の中にスポイルされ、全体を通じてトリップした不思議な味わいを生み出した内容充実のグレートな一枚。この佇まいだからこそ逆に彼らが作品全体を通じて意図したアナログなモノトーンのシンセ感とシーケンサーのエレクトロパルスによるエレクトロミニマリズムのミニマルシンセな味わいが後をひきクセになります。Rare Original. 盤はB-2終わり~B-3始めにかけて薄い微かな白いマーク有りますが静かな部分の軽いチリつき程度。それ以外は極微のスレのみの見た目綺麗なEXです。ジャケは右側に赤ボールペンによる目立たない小さく微かなマーク程度。
Temporal Pain / More To Come (US Evatone ’82) "8 One Sided Flexi Disc
VG(+)/VG+ \ 4.000
8インチソノシート盤。33回転片面のみ6曲入り仕様。アメリカの謎の発狂変態コラージュAvant Punk DIY唯一の作品。徹頭徹尾とち狂ったまま脳髄が侵されたように混沌と痴呆にのたうち回る危ない一枚。強いて言えばChromeの3rdが更にアヴァンギャルドになってフラフラ朦朧状態と化したようなショッキングなExperimental. この狂気こそアンダーグラウンドの極みというべきでしょう。US自主プレスRare Original. ジャケは上辺部がシワでユーズド感ありますが、このジャケの作り上致し方ないものでしょう。総じてジャケは弱いA’。盤はプレイしてみるとエッジに一部小さなソリが有るのに気付きますが、プレイは殆ど問題ありません。

その他のNew Wave, Post Punk, Experimental Wave, Minimal Synth, DIY, NDW, Avant Pop系の最新入荷以外の中古LP&EPはこちら


10/7

AVANT POP /AMBIENT / MINIMAL /COSMIC SYNTH /SPACE ROCK LP 新入荷

Blitzoids / Stealing From Helpless Children (US Mook ’87)
EX/EX- \ 4.000
自主で2作を残した彼らの1st。溢れんばかりのアイデアと複雑に絡み合う音楽要素、屈折と弛緩、得体のしれない黒いユーモアのカーニヴァル、アメリカの地下に脈々と流れる沈滞アンダーグラウンドの系図が、がらくた箱をぶちまけたように、万華鏡のように繰り広げられる奇妙な感覚の見本市。言わばアヴァンポップやレコメン系の優れた要素と、LAFMSや西海岸系を始めとする沈滞したUSアヴァン系が高度の凝縮度で結びついた一つの結実と言っていいでしょう。 アメリカのアンダーグラウンドを代表する一枚にしてマスターピース!自主プレスRare Original. W)Booklet&Postcard.
Care Of The Cow / I Still Don’t Know Your Style (US Fame&Fortune ’81)
EX/EX- \12.800
モノクロのいかにもミステリアスな自主盤めいたジャケットに包まれた、アメリカの女性2人、男性一人の異能音楽トリオによる唯一のLP。A-1に針を下ろすといきなり軽やかなアコースティックギターのカッティングに導かれSlapp HappyのダグマーみたいなVoに驚かされ、更に曲は奇妙にふにゃふにゃ折れ曲がりながら、スラップハッピー以上にアヴァンポップとサイケのスパイスを被されながらシュールに展開してゆきます。続くA-2は前半で二人の女性Voによるコーラスハーモニーの妙に先鋭的な感覚をスパイスした味わいで聴かせ、後半彼女らのコーラスは折れ曲がりながら、おもちゃの楽隊のようなガチャガチャしたサウンドへ、そして最後はリズムセクションを得て一つの地平に収束してゆきます。A-3はコーラスとエフェクトによる催眠ドローンサウンド。A-4はチェロのドローンのような低音にドコドコしたエキゾティックなリズム、サイケに揺らめくギターやエフェクトのトリッピーな空間に彼女らの歌をフィーチュアしたトラックと、1曲毎の出来が際立った作品で、未だに余り知られていないのが不思議にさえ思えます。スラップハッピー、レッドクレイヨラの2,3辺りが好きなアヴァンポップファンがびっくりするような一枚。当時何故レコメンやランダムレーダーにディストリビュートされなかったのでしょうか。US自主プレスRare Original. W)内袋。
Conrad Schnitzler / Slow Motion (IT Sagittarius A-Star 2010年)
M-/EX \ 6.800
1972年の自主映画のために制作されたサウンドトラック音源を2枚組LP(一枚は片面のみ)として200枚限定で2010年にリリースしたもの。リズムボックスやシーケンサーによる心地よい浮遊ビートの上をエレクトロエフェクトやアナログシンセが行き来する、彼の他の諸作同様優れたTrippy Electro Experimentalを緩やかに繰り広げてくれる作品。
Ingram Marshall / Fog Tropes (US New Albion '84)
EX-/EX- \ 4.800
エコー空間の広がりの中に、エレクトロニクス、ピアノ、ガンブーフルート、マンドリン、ヴォイス等の連なりとアンサンブルが雲が行き来するように通り過ぎてゆく、同レーベル初期を代表するAmbient Electro Experimentalの名品。時に清澄でミステリアスな美しさ、空に揺れる透明なカーテンのような光の移り変わり、モノクロームの朧げな催眠性を織り交ぜながら、終始広大な空間の広がりと重層的な深度を湛えたサウンドで、聴く者を静かに夢見るような感覚世界に心ゆくまで浸らせてくれます。推薦盤! Rare Original. 盤は見た目綺麗なEX。プレイは非常に静かな作品のため経年の目に見えない埃によると思われる軽微なチリつき。
Other Music / Prime Numbers (US Nth '80)
VG(+)/EX- \ 4.000
1st。メタロフォン、マリンバ、オルガンのアンサンブルを中心に、ハンドパーカッション、ヴォイス等をフィーチュアし、ガムランのメロディーをベースに、彼ら自身のある種サイケデリックとも言える密やかな催眠性に満ちた味わい深いミニマルアンサンブルを繰り広げてくれます。様々な要素を散りばめ圧倒的な切れ味の感覚世界を繰り広げる次作2ndに比べると、ガムラン的なミニマリズムが比較的単一のトーンで全体を支配する分、こじんまりとした印象も感じはしますが、逆に本作の密やかなムードと執拗な催眠的ミニマリズムに嵌ると聴き入ってしまいます。ミニマルエスノトリップミュージックのグレートな一枚。US自主プレスRare Original. w)Insert. ジャケは上辺全体の目立つイタミ。下辺中央8.5cm目立つヌケ。それ以外は各角と開口部の軽いスレ程度。盤は見た目綺麗なEX。プレイは経年の埃によると思われる軽いチリつき。
Peter Michael Hamel / Bardo (GE Kuckuck ’81)
EX/EX \ 2.800
広大な宇宙をうねる緩やかな気流のように穏やかにレイヤードされたストリングスシンセ、細やかに振動するミニマルなフレーズ、宇宙を電気信号の様にアウトプットするアナログシンセによるロングトリップコズミックミニマルミュージックの極致。ミニマルミュージックでありながら、その質感はアンビエント系というよりも、ジャーマンスペースミュージックの伝統とを受け継いだもの。寧ろ彼の作風の本質は1stの頃と変わっておらず、ここにジャーマンスペースミュージックが辿り着いた、より凝縮完成された境地の一つが有ります。B面に至っては初期Tangerine Dreamをさらに洗練させた手法で完成させたような、宇宙の凍り付く青白いシンフォニーが壮大に響き渡ります。このニューエイジ系や禅を思わせる簡素なジャケからは想像もつかない重厚感に満ちた、ジャーマンコズミックの魂とも言うべき、どっぷり宇宙の天球の幻想に浸れる充実の一枚。Rare Original. (ジャケ右側に2枚ステッカー貼。)
Philippe Guerre / Cristal (FR PG ‘85)
EX-/EX- \ 2.500
彼の1st。各種シンセを使いこなし、アナログマインドたっぷりのミステリアスな幻想コズミックシンセサウンドを聴かせます。オリジナルは1979年に紫の線画ジャケでリリースされたものですが、これはジャケの異なる6年後の1985年にリリースされた2ndプレス盤になります。
Ralph Lundsten / Svit För Elektroniskt Dragspel Op.33 - Gunnar På Lidarände Op.79 (SW EMI ’73)
EX/EX \ 2.800
元々1968年に銀ジャケでリリースされたLPのA面部分を再びA面に収録し、B面には1973年の新作を収録し、ジャケを全く異なるジャケにした仕様の1973年リリース作品。A面はスペーシーでバッドトリップ状態のクレイジーな電子音楽。B面はエレクトロニクス、エフェクト、コラージュ等による甘美なサイケデリック催眠トリップミュージックでトリップエレクトロ派はマスト!コーティングカバー現地盤。ラベルは80年代初期ぐらいの赤ラベルプレスになります。盤は見た目綺麗なEX。プレイは経年の埃によると思われる静かな部分の軽いチリつき。
Ralph Lundsten / The New Age (SW Harvest ’82)
EX/EX- \ 4.800
Universe, Alpha Ralpha Boulevardと言ったスペースロックの傑作を放ってきた彼のAndoromeda All Stars名義では最後の作品。ゆったりとヴェルヴェットに包まれたミスティックなSpace Rockチューンで幕を開け、ジャングリーなドラムとシンセによる密林サウンド、コズミックなエフェクトが宙を飛び交うトリッピーなスペースファンク、これぞエレクトロエフェクトだらけで形が溶けかけた危ない変態エレクトロサンバ等、彼でしか有り得ない天然に歪んだ異形のスペースエレクトロサウンドが夢見心地に繰り広げられる危ないグレートな一枚。彼独自の才気と感覚が溢れる最後の作品かも知れません。状態良好Rare Original. W)Ralph Lundsten内袋。
WOZ (US Ulterior ’81)
EX-/EX- \ SOLD
謎のシンセシストPaul Woznickiによる唯一の自主盤。リズムボックスのクールでマシーンな味わいのビートを軸にシーケンサーによるエレクトロビート、分厚くうねるアナログシンセ、行き交うエレクトロエフェクト、エレピをフィーチュアし、豊かなアナログ感溢れるサイファイなエレクトロビートサウンドを生み出したシンセビーツ/コズミックシンセのヴィンテージマスターピース! 洗練されたサウンドではなく、ロウでワイルドなアナログシンセの混沌としたエナジーが逆に本作の大きな魅力です。再発も出ていますが是非オリジナルならではの豊かなアナログ感で味わってください。それこそが本作本来の魅力です。Rare Original. ジャケは上辺中央1.7cmの微かなヒビ、エッジの軽いスレ程度。良好です。
Zeus / Europium (国内 King ’79)
VG++/VG++ \ 2.500
シンセファンからエレポップファンにまで有名な、これでもかと全編ヴォコーダーを使いまくった、ヴォコーダー好きにとっては聖典というべき一枚。Birth Controlのキーボーディストとしてより、むしろGina Xの諸作の経歴を思い浮かべれば本作の傾向は自ずと知れるでしょう。キングレーベルのユーロシリーズのシンセ物の中ではミヒャエルブントと共に最も人気の高い作品。CanのJaki Liebezeitも2曲で参加しています。当時の国内盤。W)Insert.ジャケは背に若干のスレと小シワ程度。盤はやや表面のスレが多めですがプレイに直接影響するような所謂キズは有りません。プレイは主に経年の埃によると思われる静かな部分の軽微なチリつき。



10/5

PSYCHEDELIC ROCK /ACID FOLK /FOLK PSYCH 中古LP 新入荷

Anno Domini / On This New Day (GE Polydor ’71)
VG++/VG++ \29.800
心洗われるようなメロディとハーモニー、60年代の名残を感じさせるセピア色に満ちた美しい風景、夢見るようにマジカルな香気、光と空気の中で紡ぎ合うアコギのアルペジオとエレキ、儚いVoとソフトなハーモニー、それは記憶の中の懐かしい風景となっていつまでも息づき夢を見せてくれます。ワン&オンリーのフォークロックサイケの美しい名品にして、原石のようにキラキラ輝く秘密の宝物のような一枚。UKオリジナルは今やメガレア盤で大変な値段なので、今回はUK盤同様オリジナルの輝きを秘めたドイツ当時盤で、その素晴らしさを是非心ゆくまで味わって下さい。コーティングカバー当時のドイツ盤プレスRare Original. ジャケは角とエッジの若干のスレ程度。盤は表面の若干のスレとB面に1本これも表面のみの薄いスレ有りますが、極部分的な微かなチリつきのみでプレイは殆ど問題ありません。
Big Brother & The Holding Company / Cheap Thrills (US Columbia ’68)
EX-/EX- \ 6.800
2nd. 本作に至る萌芽を随所に見せながらも決定打には至らなかった前作から、一気にロックの歴史に名をとどめる偉大な作品へと飛躍したウェストコーストサイケの金字塔。 JanisのVoは他に聴いたことすら無いファズギター以上の凶器のノイズ、自身の体の内面全てが震え突き刺す楽器となって、その喉から発する背筋が震えるヴォイスは、他に今までも、そして今後も聴くことの出来ない唯一無二で永遠のものであり続けます。そして本作のBig Brotherのバッキングこそでしか、この身も心も奪われる名唱は有り得ませんでした。勿論あの世紀の絶唱”Summertime”も此処に入っています。ここぞと襲い掛かり突き刺さりまくるキラーアシッドファズの嵐を始め、彼女の歌と一体化したバッキングも鬼気迫ります。いつ聴いても圧倒的な奇跡の一枚。GF Cover 2 Eye 360 Label Stereo 初回プレスRare Original. 盤は全体の若干の表面のみのスレ程度。
Captain Beefheart & The Magic Band / Mirror Man (US Buddah ’71)
VG+/EX- \ 2.800
1st”Safe As Milk”リリース後の1967年に録音されたものを当時2枚組としてリリース予定だったのがお蔵入りし、5枚目のスタジオ盤として結局1971年にリリースされた作品。リリース順に行けば、”Trout Mask”, “Lick My Decals”と絶頂期の神がかり的な世紀の傑作群に次ぐ一枚となりますが、前述の通り初期の録音なので、テイスト的には1stに近いブルージーサイケながら、よりロングトラックのジャム中心。各曲にビーフハート特有の先鋭的な感覚と実験性が鋭い切れ味で、ブルージーな重たさと一団となって迫ってくる様は流石です。これはオリジナルの2年後にリリースされた変型ジャケではなく、普通のシングルジャケヴァージョンの2ndプレス。ラベルはピンクリムでラベル下側に大きな仏陀の像のマークが入ったラベルです。ジャケは全体の極軽いスレ、左下角にい小さなSaw Cutとその周囲にシワ1本。 裏面に軽い上下のRW程度。軽いユーズド感程度で特に問題ありません。盤は綺麗なEX、プレイは時折の軽微なチリつき。
Incredible String Band / Changing Horses (UK Elektra ’69)
EX-/EX- \ 7.500
5作目。全く、朝の寝ぼけ声のような、何というとぼけた声だろう。その朝ののどけさ?の中でゆったりと煙のようにふわふわ舞い上がるフルート、祈りの様なオルガン、もそもそした合唱の中から、あの唯一無比の不思議なアシッドヴォーカルが顔を出すと、もうあとは彼らの独壇場。そのユニークで呑気なサウンドと天然ヒッピーなヴォーカルの何という説得力と、個性的な世界でしょう!其処には今の時代や空気からは考えられないように自由な、彼らの夢のユートピアが息づき、広がっていきます。内ジャケのカラフルでヒッピーな線画イラストも素晴らしい。初回Big E 赤ラベルGF Cover Rare Original. (本作からはラベルの”E”が白レタリングのものが初回プレスになります。) マトリクスもA//1, B//1の初回。 彼らElektra期のUK初回プレスオリジナル盤はいずれもボロばかりで、このような良好な状態では滅多に見つかりません。是非お見逃しなく!
Incredible String Band / U (UK Elektra ’70)
VG+/VG++ \ 8.800
7作目にして、Elektra期のラストを飾る、彼ら最後の渾身の2枚組。A-1に針を下ろすといきなりシタールとタブラによるEastern Raga Folkで幕を開け、いつもの彼らと変わらない寝ぼけたみたいな男女ヴォーカル、そしてISBでしか有り得ない自然発生的ヒッピーアシッドフォークナンバーの数々、彼らのVo同様にヘロヘロなサイケジャム等が、2枚組に亘って繰り広げられる圧倒的な作品。今の時代ではとても有り得ないヒッピーの夢のユートピアで、気ままに自由に、そして奔放に繰り広げられるその音楽は、何と瑞々しく感動的であることでしょう。遠い、遠い世界の永遠の音楽です。GF Cover 2LP 初回Big E 赤ラベルRare Original. W)Insert. Made In England Sleeve2枚付。マトリクスもA 2, B//3, A 1, B//1の初回です。ジャケットは表面全体に若干のスレ。左上にミリ単位の微かなTearと色補正。左下に微かで小さなシミ。良く見ると辺部背は全体的にスレと色補正。裏面全体若干のスレ。ジャケは総じて軽いユーズド感ありますが、良く見ると背のスレと補正が少し目立つかなくらいで、全体を見た感じで特に目立った問題は有りません。ジャケボロの多い本作としてはまずまずキーパーコンディションだと思います。Insertは若干のシワ。盤は全体の軽いスリーブマーク程度。
Lincoln Street Exit / Drive It (US Mainstream PROMO ’70)
VG++/EX \SOLD
同レーベル一の人気を誇る名作、久々の念願の入荷です。 分厚いナイフのような電撃アシッドファズ、ザラザラしたカッティング、ごつごつした岩肌のようなリズムセクション、感情を叩き付けるヴォーカルが一体化し、これだけシンプルな編成で、だからこそ逆に迫力に満ちた岩の塊のようなぶっとい存在感、サベージでニヒルな、サイケデリックロック剥き出しの原初の姿をかくも生々しく伝えます。その全編アシッドジレンマに満ちた迫力とこの時代のアメリカでしか有り得ないスケール感、ロックの原初のうめきには、ただただ圧倒され飛ばされ、痺れ恍惚するのみです。言葉ではない圧倒的な感覚の瞬間、この時代に、いまでは有り得ないこんなロックが存在していた、その感動こそがサイケデリックロックの感動に他なりません。名盤にしてマスターピース!PROMO白ラベルRare Original. ジャケは黒枠部分の軽いスレ、上部両角周辺の若干の小シワ、各角のスレ程度。ラベルは一番下の小さくPromoと書かれている部分が両面薄く削って消して有ります。盤は内袋の軽微なスレのみでトップコンディションと言っていい美品。
Masters Of Deceit / Hensley’s Electric Jazz Band & Synthetic Symphonette (US Vanguard ’69)
VG(+)/VG+ \ 3.500
アシッドなVo、オルガン、エレキをフィーチュアし、次々屈折した多彩なアイデアをモザイクの様に組み込み、聴き手の感覚にエキセントリックなスパイスで次々攻撃を仕掛けるユニークなアートサイケを繰り出した野心的な意欲作。B面に至っては最早初期マシーンやワイアットすら思い浮かべてしまうのに、それでもプログレに聴こえずあくまでもUSサイケにしか聞こえないのはアメリカのグループだからでしょうか。AnonymusやAutosalvageよりもっと変態でプログレギリギリなのにプログレに聴こえない不思議なアルバム。それでもB面ラストは流石にマッチングモールやマシーンを聴いてるのと勘違いしますが。この時期だからこその音楽の感覚的なフロンティアをサーチした問題作で面白いです。初回GoldラベルGF Cover Rare Original. ジャケは背と各辺に強めのスレ。全体の若干のスレと裏面RW。ややユーズド感の強いコンディション。盤はB-2の中間辺りに薄いヘアラインスリキズ、部分的に軽度のチリつきが有ります。それ以外はVG++。
Nostradamos (GR Zodiac RE 再発) 
VG++/EX \ 2.500
男女2人ずつの4人によるギリシャのフラワーアートサイケグループ唯一のアルバム。オルガン、エレキ、ホーン、曲毎に男女ヴォーカルを入れ替え、当時の英米のサウンドに随所にギリシャならではのエキゾシティズムをブレンドしながらもしっかりしたプロダクションとアレンジで通して魅力溢れる一枚。オリジナルはギリシャで1972年リリース。ここに有るのはラベルのリム部分の文字は2列表記で握手マークも無いので、80年代後期のリプレス盤になります。ジャケは上辺に若干スレとエッジの小シワ。盤は見た目非常に綺麗ですが経年の目に見えない埃によると思われる主に静か目の部分の軽いチリつき。
Pastoral / En El Hospicio…(ARG Cabal ’75)
VG(+)/G+ \ 3.500
2作目。 アコギ&エレキ、オルガン、二人のソフトなVoとハーモニー、リズムセクションをフィーチュアした、瑞々しく抒情的なトーンのゆるくくゆる様なフォークロックサウンドが魅力の一枚。まだ次作以降のプログレ色は見られません。 コーティングGF Cover Rare Original. (ジャケは全体的にコーティングが若干擦れた若干のユーズド感ある状態。背の半分にヒビ(ヌケはありません)と、背中央辺りに少しイタミ。ジャケは南米物としては許容範囲です。盤は全体が擦れに覆われ、随所に小キズが有り、場所によってはチリつきますが、ラフながらも特に目立つダメージは無い感じです。プレイもバックグラウンドノイズありますが、ラフなりに充分楽しめる状態です。
Peter Ivers (US WB '76)
VG++/EX \ 3.500
3枚目にして最後のアルバム。前作よりすっきりとシンプルな曲調の中に、ソリッドでささくれたように喘ぎ絡みつく彼の屈折とピュアさが秘められた呼ぶVoが、類稀な味わいで胸打つように神経に染み通ります。聴けば聴くほど彼の声の魅力に虜になる一枚。前作2ndが好きな方は本作もマストなのは言うまでもありません。Rare Original. ジャケットは周囲の若干のスレ、各辺角の若干のスレ。軽いユーズド感程度で特に目立った問題のない状態です。盤は見た目非常に綺麗なEX。プレイは静かな部分で微かなチリつき程度。
Quicksilver Messenger Service (US Capitol ’68)
VG/VG+ \ 5.800
彼らの1stにしてUS West Coast Psycheシーンのハイライトを飾る一枚、その中で最もビターで、男たちの夢とスケールに溢れたアルバムこそが、本作でしょう。 荒野の幻影のような妖しげに陶酔したサイケデリア”Light Your Window”, アメリカの鄙びた光と穏やかな風を受けるマイルドなウェストコーストサイケDino Valente作”Dino’s Song”を始め粒ぞろいの美しく完成された楽曲。 それら楽曲重視の名曲群に加え、インプロヴィゼーションを取り入れたロングトラックも、遥か広大な世界の幻影を心ゆくまで夢見させてくれます。そして忘れてはならないJohn Cipollinaの精緻なギターワーク。 神経に直結し、震える繊細な生き物のような息づきで聴き手の共鳴板に微弱電流をスパークさせる、他には味わえない稀有な歓び…。風格と重み、なだらかな風と空間の広がり、繊細さとダイナミズム、それら全てがハーモニーとバランスを保ったオリジナル盤だからこそ、その凄さは本物になります。マスターピース! 初回プレスRare Original. W)Company Sleeve. ジャケは銀ベースに黒赤の初回、ラベルもRainbowラベルの初回です。ジャケは全体に擦れてユーズド感のある状態。右上下にマジックによる色補正。各角のスレ、エッジの若干のスレ。ジャケはユーズドですがそれでもスレの目立ちやすい本作としてはまあまあだと思います。盤はB-2にミリ単位の小キズ。プチ1、2回程度でプレイは殆ど問題ありません。それ以外は全体に表面の細かいスレ有りますが傾聴を乱すような所謂キズは無くEX-。
Suncokret / Moje Bube (Yu RTV ’77)
EX-/VG++ \ SOLD
男女ヴォーカルとハーモニー、アコギ&エレキ、オルガン、リズムセクションを配した旧ユーゴのフォークロックサイケ作品。この時期のリリースながら、70年代初期の息吹と幸せな時代のゆったりしたムード、そよ吹く風と草、更に静かなバラードでは密やかに沈んだハーモニーのしんみりとしたサウンドも聴かせ、通して高水準の魅力的な内容を聴かせてくれます。GF Cover Orange Label Rare Original. (ラベルは左上にSOKOJのBoxed Logoデザインの入っていない厳密には2回目です。) ジャケは裏面右上に3.5cmひっかきキズ。ジャケ全体の見た目を乱すものではありません。盤は表面のみの軽いスレに覆われた状態。プレイに直接影響する所謂キズは有りません。プレイは主に経年の目に見えない埃によると思われるバックグラウンドの軽いチリつきが有ります。
Red Crayola / The Parable Of Arable Land (US IA MONO ’67)
EX-/SS \39.800
Golden Dawn, Elevatorsの1,2を皮切りに、数々のテキサスサイケの歴史的名作を放ったIAレーベルのこれも偉大な一枚。全体に異様なアンダーグラウンドなムードを湛えながら、アシッドヘロヘロの千鳥足でおぼつかないほどの揺らぎに満ちたサイケデリックの波動を空間一杯に満たす、そのオーラと全身が感染したような戦慄に満ちたショッキングなサウンドは、もはや彼らの独壇場。後のローファイシーンに多大な影響を与えた、感覚のピースをばらまいたような2ndもまた、本作と異なる彼らのスタイルを決定づけ、80年代~90年代のどれだけのグループに影響を与えたか計り知れない傑作ですが、サイケデリックロック真っただ中で、混沌と異様なオーラを放ったこのデビュー作の衝撃は未だ忘れられません。USサイケアンダーグラウンドの大物の迫力を最高の状態で実感ください。シールド未開封美品MONO Original. (ジャケは上部両角にコーナーノック。)
Todd Rundgren / Something Anything? (US Bearsville ’72)
VG++/VG++ \ 3.800
A面やD面では”I Saw The Light”, “Hello It’s Me”のお馴染みのナンバーを始め、彼一流の美しいメロディー、忘れられない名曲群、そしてB面ではエフェクト、凝ったアレンジとアンサンブル、リズムマシンやシンセの使用等、彼の奇才ぶりを露わにする実験サイケポップソングの数々を聴かせたりと、彼のエッセンスが凝縮した2nd。GF Cover 2LP Rare Original. W)Poster Insert. マト部分はSterling刻印。ジャケは全体と角の軽いスレ程度。裏面は黒いため軽いRW。盤はB面冒頭に表面のみの細かい薄いスレ。C-3, D-1にそれぞれミリ単位の小キズ。いずれもプレイは殆ど問題ありません。それ以外は見た目も綺麗なEX-。
Txomin Artola / Belar Hostoak (SP Xoaxoa ’78)
VG+/VG+ \ 3.800
少しTomz PengovやBob Thielを思わせるLonerな哀感に満ちたバスクのフォークサイケ作品。彼の3rd。アコギのアルペジオ、低いチェロ、ホイッスル等の曇り空に沈むようなサウンドに、淡々と感情を湛えた低いアシッドヴォイスがこだまします。Great LP! 2000年代にGuerssenより再発も出ましたが、これはシングルジャケの2ndプレス当時盤。ジャケはエッジに若干のスレと、上辺部に目立つスレ。総じてジャケはややユーズドな程度。盤はB-2に3か所スパイダー状の薄いスリキズ。その部分軽いチリつき程度でさほど問題ありません。それ以外は良好なEX-です。

Psychedelic Rock系の最新入荷以外の中古LPはこちらをクリックしてどうぞ!
Acid Folk, Folk Psyche, 自主Folk系の最新入荷以外の中古LPはこちらをクリックしてどうぞ!


7/23

PSYCHEDELIC ROCK /HARD /FOLK ROCK 中古LP 新入荷

Captain Beyond (US Capricorn '72)
EX-/EX- \ SOLD
彼らの1stにして言うまでもなくUS Hardの大古典。3D仕様のイラストが真中に貼り付けられた初回プレスオリジナル盤。ラベルもヤギのイラストの薄い透かしが入っていない初回ラベル。ジャケは上辺中央に目立たないヒビ程度。ヌケはありません。特に目立った問題のないしっかりした状態です。
Feather Da Gamba / Like It Or Get Bent (US Void RE 再発)
EX-/EX \ 2.500
ファーフィサをフィーチュアしたマジカルなフォークロックスタイルにヴォーカルとハーモニーをフィーチュアし、ゆるゆるしたナチュラルにサイケな眩暈と当時のブルーなメランコリー、自主盤の手を伝う愛すべきザラザラした素朴さとミステリアスさ、ボコボコした風呂場のようなアシッド立ち込める録音、それらがない交ぜになって記憶の壁にこだまする、US自主サイケの輝きを象徴する素敵な一枚。時にフィーチュアされるチェロの音色も本作のミステリアスさを更に引き立てます。今再発で聴き返してみても、昔に既に発掘された作品だけあって、最近発掘されたレア盤とはクオリティーと魅力がまるで違います。懐かしい秘密の小箱を覗き見るような、自主盤だからこその魅力に満ちたマスターピース!とりわけA面の流れは流石です。500枚限定White Wax仕様再発。オリジナルはアメリカで200枚限定でリリースされたと伝えられる自主盤。デッドストックが流出していた昔はオリジナル盤もたまに見かけましたが、今ではすっかり見なくなりました。
Funkadelic / Cosmic Slop (US Westbound '73)
VG+/EX- \ SOLD
この時代の彼らの他の作品に比べるとキラーなサイケファズの使用量が控えめなものの、70年代初期ならではの活気に満ちた、濃厚に気の滴るダルなアシッドファンクがご機嫌な一枚。GF Cover US当時プレス。w)Companysleeve.ラベルは濃い青の2回目です。ジャケはエッジの若干のスレと右側ラージコーナーカット。(Large CC)
Funkadelic / Let's Take It To The Stage (US Westbound '75)
VG+/VG+ (Plays EX) \ SOLD
随所にキラーファズをフィーチュアし、A-1,4,6では相変わらず彼ら一流の熱気溢れる分厚いサイケファンクを、一方B面ではスローで屈折とジレンマを湛えたソウルサイケバラードB-1,3と渋い味わいのナンバー、そしてキーボードによる実験インストB-4と、A面とは異なる野心的なサウンドも作品に幅と深みを与え聴かせます。それ以外のファンクナンバーも時代に合った洗練されたムードを加えながらも良質で、作品通して聴き応えのある一枚。GF Cover 初回Deep Blue Label Rare Original. w)CompanySleeve. (内袋は下辺中央ヌケ。)ラベルは本作よりこの濃い青のラベルが初回になります。ジャケはエッジの若干のスレ、上部中央に目立たないショップスタンプ程度。全体として軽めのユーズド感程度で特に目立った問題ない状態です。ラベルにも薄いショップスタンプ。盤はA-1,2,3辺りに計3本薄いヘアラインスレ見た目有るためVG+としますが、プレイは良好で問題ありません。
Galaxy / Day Without The Sun (It Akarma '98 RE 再発)
M-/EX- \ 2.000
女性Voを中心に、フラッシュするサイケなギター、キーボード、リズムセクションをフィーチュアし、アメリカらしいひなびたサイケジャムを繰り広げる作品。ロングトラックや作品の随所で彼らならではのスペイシーな指向が見え隠れ、特にB面の2/3以上を占める14分半近くに及ぶタイトルトラックは、広大な宇宙空間をトリップし、飛翔バーストするスペイシーギターサイケの極みにして本作のハイライト!オリジナルはフロリダで1976年リリース。イタリアAkarmaレーベルよりの厚ジャケ180g重量盤再発。Akarmaからは2回の再発が有りますが、Textured Coverの初回です。盤は見た目綺麗ですが、静か目の部分で若干バックグラウンドのチリつき。
Gerardo Manuel & El Humo / Machu Picchu 2000 (US Lazarus '97 RE 再発)
M-/M- \ 2.000
ペルーのギターサイケウィザードGerardo Manuelが放つ2ndアルバム。キラーなギターサイケを繰り広げた1stとは打って変わって、あのギターワークは(ラストを除き)微塵も聴かれずゆるゆるしたヒッピーフォークロックサイケを繰り広げます。この進歩(変化?)こそが彼らが精神的にもサイケだったことを逆に伺わせるものではないでしょうか。(別名Mighty Babyの2nd状態??)そしてBラストは唯一前作の延長上にあるキラーサイケトラック! GF Cover 1997年の正規再発盤。盤はプレイしてみると微かなソリあるのに気付きますが、勿論プレイには全く問題ありません。
Portland / Rencontres (FR Private ’81)
M-/EX- \ SOLD
未だあまり知られざるフランスのフォークロック/フォークロックサイケ自主盤。USのPatterson&Pults辺りを思わせる丁寧にアレンジされた良質のフォークロック調に随所にキラーなエレキのリードをフィーチュアし、よりThickな手応えの中に聴く毎に味わいの滲み出る優れた一枚。フランス自主プレスRare Original. W)内袋。盤は紙の内袋による表面の若干のスレ程度。

Socrates (Drank The Conium) / On The Wings (US P.I. '73)
EX-/M- \SOLD
彼らの3rd。ますますヘヴィーにワイルドに激しさを増したラウドな爆裂ブルージーハードプログレサイケを凄まじいテンションと凶暴極まりない迫力でぶちまける、野蛮極まりない一枚。徹頭徹尾ストロングなヘヴィー&ハードサイケ派にとっては至高のマスターピース! ここに有るのは当時のUS盤ですが、このUS盤の圧倒的な音圧の凄さも半端ないです。しかもジャケは軽いエッジのスレのみでEXに近い綺麗なEX-。盤もM-の美品。USプレスもこれだけ綺麗なものは中々見ません。
Tripsichord (US Janus '71)
VG++/EX- \ SOLD
そのどっしりとした風格と重厚なサウンド、それでいてしなやかでふわっとしたウェストコーストの香気に包まれたUSサイケの一大ハイライト!数年前から鬼の高騰が続き、この名作を届けられる機会も2度と無いだろうと思ってました。それでも入手にチャレンジし続け、(夏の通販リストにはギリギリ間に合いませんでしたが、) 執念の奇跡の入荷です。この作品を再び紹介出来る喜びは、この最高に素敵な一枚に満ち溢れる音楽の歓びでもあります。A-1に針を下ろせば当時のアメリカ西海岸の風を受けるひなびた懐かしい光と共に、ピースなスピリット溢れる彼らの音楽にただただ酔いしれる最高のひとときが待ち受けます。そして、2曲目、3曲目、4曲目と続いてゆくたびに、彼らのサウンドは聴く者の胸にヒットし、爆音で光の音のシャワーを浴びながら、アメリカの広大に突きぬける青空の高みへと向かってゆきます。その広がりとスケールの大きさ、広大な空間を揺るがし溢れ出る高揚感は、この時代のアメリカでしかありえない、一つの奇跡とでも言うべきものでしょう。アメリカの広大な自然の恵みと純粋なロックの力が一体化できた時代だからこその成果が、此処に在ります。胸に迫る圧倒的な音圧、生き生きした臨場感の凄さ、それもオリジナル盤の本物のサウンドだけでしか味わえません。マスターピース!Promo Label Rare Original. 本作のプロモラベルは幾つかバリエーションが有りますが、ここに有るのは通常の茶色ラベルに一番上の部分に"PROMOTIONAL COPY"の印刷が入った仕様のものです。辺部が元々非常に傷みやすい作りのジャケットは上辺に若干のスレ、下辺中央1cmヌケと、下辺背角の軽いスレ。全体の軽いスレ程度。本作に良く見られる致命的な大きなコーナーカットもありません。盤はA-2にプレイは全く問題ない表面のみの薄いスレと、全体の軽いスレ程度。ジャケ、盤共このようなまともな状態のものは今や6~7万の相場も当たり前、海外では8万以上ですら取引され始めています。見逃したら後は有りません!本作のコーナーカットなしのまともなオリジナル盤をこのプライスで入手する最後のチャンス!
Wizard / The Original Wizard (RE 再発)
EX-/EX \ 3.500
ザクザクしたキラーなギターワークに泥臭いしゃがれたヴォーカルがシャウトするUSキラーブルージーギターサイケ作品。この手の典型的なキラーチューンA-1で幕を開けながら、60年代の残り香を感じさせるフラワーサイケA-2、南部のグループならではの泥臭いスワンピーなサザンハードA-3、アートロック色を加味したハードサイケA-4、曲調もヴォーカルも正統派ギターサイケスタイルで聴かせるB-4、ウェストコースト系に近い緩やかなギターサイケが開くB-6等、スリーピースのシンプルな編成ながら1曲毎に少しずつ曲調を変え、様々なスタイルの幅を見せながら通して良質に聴かせる一枚。オリジナルはアメリカで1971年に自主リリース。大昔の300枚限定ナンバー入再発盤。

Psychedelic Rock系の最新入荷以外の中古LPはこちらをクリックしてどうぞ!
Acid Folk, Folk Psyche, 自主Folk系の最新入荷以外の中古LPはこちらをクリックしてどうぞ!



7/21

AVANT POP /EXPERIMENTAL /COSMIC SYNTH /AMBIENT 奇想 LP 新入荷

0.720 Aleacion / Leyenda (MEX EMI Atonal '89)
EX/EX \ 4.800
メキシコのグループの2nd。ギター、南米の伝統的な笛、ヴァイオリン、キーボード、各種民族楽器、リズムセクション等による4人編成で、フォルクローレにジャズロックをブレンドした様な彼ら独自のエスノフュージョンフォークロックサウンドは相変わらずです。手法はより熟練され、複雑綿密に編みこまれたアンサンブルの味わいの中に古代遺跡をしのばせるようなエキソシティズムとメキシコならではのミステリアスなムードに横溢し、前作以上の充実で全編余すことなく楽しませてくれるグレートな一枚。本作の方が1stに比べ数倍入手困難、是非お見逃しなく!Rare Original.
Barney Childs / Clay Music (US Cold Blue '81) "10
EX-/EX- \ 2.500
10インチ盤。Experimental/Ambientの名レーベルCold Blueよりの記念すべき1作目。様々な種類の笛によるひっそりとしたアンサンブルともミニマルともフリーともつかない不思議で霊妙な音楽。それはどこかの土着のミニマリスティックな笛のフィールドレコーディング作品をも思わせます。シンプルで、ゆったり、空気の層をめくるような朴訥な中の甘美さに満ちた一枚。Rare Original. (盤は見た目綺麗ですが、元々のプレスか経年の目に見えない埃によるバックグラウンドの若干のチリつき。)
Didier Paquette / Le Souffle Noir (FR FLVM '81)
EX-/EX- \ SOLD
ミステリアスなシルクスクリーンのハンドメイドジャケに包まれたフランスのコズミックシンセ自主盤。分厚いアナログシンセを中心に飛び交う各種エレクトロエフェクト、シーケンサー、リズムボックス、ギター等をフィーチュアし、豊かな宇宙が息づく自主ならではの情趣に満ちたサイファイなコズミックシンセワールドを繰り広げる魅惑の一枚。とりわけA面の充実は特筆すべきでしょう。Stu Cisco / Amanita やOsidarta辺りが好きなファンは是非! (尚、蛇足ですが本作は昔ユーロディーラーによってシンフォプログレと喧伝されたため、いまだにプログレとして紹介されることがありますが、シンフォプログレではないのでお間違いないよう注意ください。) フランス自主プレスRare Original. w)Insert. (インサートはコピーっぽいですが、元々この形だったと思います。)盤はB-2の前半に小キズありますがプレイはほぼ問題ありません。それ以外は盤面非常に綺麗です。
Krzysztof Penderecki ‎/ Rekopis Znaleziony W Saragossie (Po OUBH '05)
M-/M- \ SOLD
65年公開の映画の為に1963年にポリッシュ実験スタジオで製作された作品のLP化。随所の渦巻く様なコンクレートやピアノの内部奏法等、この時代ならではの実験音楽の原初の息吹は今尚新鮮な驚きに満ちます。後の時代の実験音楽には無い、音と戯れることのピュアな歓びと息づきの楽しみ。その放たれる音の一つ一つの佇まいと連なりは何と存在感と味わい深さに満ちているのでしょう。失われたコンクレートミュージックの香り高い名品。豪華極厚GF Cover 500枚プレス。ポーランドのアヴァンギャルドレーベルOUBHよりのリリースです。
Mahjun (FR Saravah '73)
EX-/VG+ \ SOLD
彼らのLP通算2作目。へヴィーブルースサイケとアヴァンギャルドがクラッシュした大問題傑作1stの重厚なサウンドからいきなりスコンとロック色が抜け、奇才Cyril Lefebvreは既に抜けているにも関わらず、サックス、ヴァイオリン、パーカッション、女性ヴォーカルをフィーチュアし、縦横無尽に飄飄軽妙にユーモラスにとぼけたチンドン屋アンサンブルを繰り広げる無国籍サウンドはこれまた痛快としか言いようが有りません。(オルガンで同じSaravahから幻のアルバムをリリースしているHairaも参加。)サイケともプログレともスピリチュアルジャズともつかない奇妙なロングジャム、一方ほのぼのとしたノスタルジックなアンサンブル、サーカス小屋のようなサウンドが散りばめられた、フランスのグループならではの不思議ワールドを是非!コーティングGF Cover Rare Original. ジャケは全体とエッジ、開口部の軽いスレ程度。盤面は全体の細かいスレが多く、小キズもチラホラある見た目ややユーズド目のVG+コンディションですが、プレイはB-1の終わり~B-2冒頭に若干チリパチ程度で、それ以外の殆どの部分がプレイはEX-クラス。
Marino Zuccheri / Parete 1967 (IT Die Schachtel '05)
M-/M- \ SOLD
60年代にCage, Berio, Nonoを始め様々な実験音楽家の電子音楽作品にエンジニアとして関わっていた彼が1967年にモントリオール万博のイタリアパビリオンのインスタレーションのサウンドトラック用に制作した電子音楽作品。まるで溶鉱炉の蠢きと営みのようにダイナミックな宇宙空間を幻視する圧倒的な力に満ちたElectro Experimentalの名品。350枚限定初回プレス盤。GF Cover w)Insert, Obi & Innersleeve.
Michel Moulinie / Chrysalide (FR Crypto ’78)
VG++/EX \ SOLD
アコースティックギターのアルペジオ、ベース、コズミックなエフェクト、エレキギターのアンサンブルによる独自のプライベートな感覚に彩られた作品。さしずめSteve Tibbettsのゆったりした部分にGongやHillageのコズミックなトリップ部分だけをミックスしたような夜の天球の音楽。特にB面のどっぷりとコズミックなチルアウト具合はやばいです。光に満ちた豊かな宇宙の息づき。オーロラ、揺れる光の波動、宇宙遊泳をするようにスローモーションで光のトンネルを通り過ぎ、押しては寄せるさざ波に揺られるひととき..。緩やかなアルペジオのパルスの中に聞こえくる霊妙な天球の音楽..。メキシコのEblenMacari同様、宇宙に憑かれたアストロロジストの夢見る密やかなLoner Music。極上の夢のひと時をどうぞ。 Rare Original. ジャケットは上辺部近くに数点の小キズ、辺部と角の軽いスレ。
VA / Guitar Workshop (JP Transatlantic-東芝EMI '73)
EX/EX \ 4.500
イギリスのTransatlanticレーベルの2枚組コンピレーションアルバムの当時の国内盤。A~C面まではアコースティックギターの優れたインスト作品といった趣で、ギターピッキングの妙を楽しませる内容。有名どころではSteve Tilstonなんかも参加しています。こちらとしての本題は当然、3面目までからは大きく逸脱した問題のD面でしょう!Mark WarnerとGraeme TaylorのデュオによるエレキのExperimentalでこの面全てを費やした極めて野心的なトラック。針を下ろすといきなり凶暴なギターがザラザラさびたナイフの様にバリバリ突き刺してくる。途中ベイリーIncus風のコントロールされたパートの掛け合いの妙の抑制を超え、再び後半で一気に前半以上に激しく暴発するという恍惚のカオス。そして静寂のしじまへとサウンドは消えてゆきます。GF Cover 2LP. w)Obi, Insert.
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
VA / Guitar Workshop (JP Transatlantic-東芝EMI '73)
VG+/EX- \ 2.500
もう一枚の当時国内盤。こちらはオビは付いていません。GF Cover with Insert. NO obi. ジャケは上部に小キズ、辺部背の若干のスレ、裏ジャケ左上に2か所小さなハガレ。



MINIMAL /Experimental /COSMIC SYNTH /PSYCH /奇想音楽 中古盤LP新入荷

POST PUNK /NEW WAVE / NO WAVE / NDW
EXPERIMENTAL DIY / SYNTH POP 中古盤LP&EP新入荷

その他のNew Wave, Post Punk, Experimental Wave, Minimal Synth, DIY, NDW, Avant Pop系の最新入荷以外の中古LP&EPはこちら

日本のUnderground, Experimental, Indies LP & 7EP 新入荷

奇想音楽中古盤 + COSMIC SYNTH LP & 7EP 新入荷
Avant Pop, Experimental DIY, Minimal, Ambient

BRASIL, MPB +南米奇想系 中古盤LP新入荷

ブラジル、MPB, 南米奇想系の中古LPのその他の在庫はこちら

GERMAN / COSMIC / SYNTH / AMBIENT / MINIMAL / FREE 中古盤LP新入荷

最新入荷以外のシンセ系/Minimal/Ambient/Electronics中古LPはこちら
最新入荷以外のジャーマンシンセ系&Space Rock中古LPはこちら

Noise Industrial / Experimental / 電子音楽 中古盤LP新入荷

最新入荷以外のExperimental/電子音楽 / Sound Art 系の中古LPはこちら

秋の通販リストVol.66出来ました!
1年以内に当店のホームページよりご注文された方はリストを無料でお送りしますので、リスト希望の方は是非お知らせください。それ以外の新規でリストご希望の方はその旨メールでお知らせください。案内をお送りします。(新規でリストご希望の場合は、200円かかります。)

リストの主なラインナップについてはnewsの項をクリックしてご覧ください。


フィルモアレコードではLPレコードの高価買取を行っています。特にサイケデリックのオリジナル盤、フォークサイケの自主盤、フリージャズ、アヴァンポップ、ミニマル、Experimental, プログレ、フォーク、70年代後期~80年代初期のマイナーなNew Wave系は現在強力高価買取中! 入手困難なヴインテージレア盤、知られていないマニアックな作品であればあるほど高額で査定致します。サイケ、プログレ、フォークの大物、マニアックすぎる世界中の奇想音楽、是非お待ちしております。詳しくは上のwants!をクリックしてご覧下さい。特に他店では悲しいほど安く買取されてしまうようなマイナーなNewWaveのレコードやカセットが当店の査定では驚くほど高額の査定になることもあります。(特に当時Rock Magazine, Marquee, Fool's Mate等を読んでレコードを買っていた方で、レコードやカセットを処分したい方がおりましたら是非是非ご連絡ください。)お待ちしております。


mail
flmorerecord1@gmail.com

Last Update: 2018.11.18




特定商取引法に基づく表示